読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金の門をくぐって

メイベル・コリンズ著『黄金の門をくぐって』の日本語訳を掲載します。

2章

ひとたび黄金の門の意義をよく考えたら、それらの門を通って行く以外の人生の形態はないということが明らかになる。それらの門は、大人になるということの花が実を結ぶ場所にだけ通じている。母なる自然界を必要とする人たちにとって、それは最も優しいお母…

間違いなく、物質の中にあるものを理解するためには自分自身を教育せねばならないが、同じように物質を超えたものを理解するためにも自分自身を教育せねばならない。誰もが知っていることだが、幼少期は一つの長い適応する過程であり、感覚が働く特別な活動…

2章 入り口の神秘 Ⅰ

間違いなく、人生の新しい段階の入り口では、あるものを捨てなければならない。子供は大人になった時に幼稚なことをやめる。聖パウロはそのことを示し、彼が残した多くの言葉とともに、彼が不老不死の霊薬を飲み黄金の門へ至る道を歩んだことを伝えた。カッ…