読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金の門をくぐって

メイベル・コリンズ著『黄金の門をくぐって』の日本語訳を掲載します。

 悲しみと倦怠感から生じたこの質問は、見たところ本質的に19世紀の精神の一部分であるように思えるが、実際にすべての時代にわたって問われてきたに違いない。歴史を理知的にさかのぼってみると、その問いは文明の花が満開に咲いた時、そしてその花びらがどうにか散らずに持ちこたえている時に、投げかけられる問いであることは疑いない。人間の生得の部分はその時、最高の頂点に達した。彼は困難の丘を、石を押して転がし登る。頂上に達した時、また石が転がり落ちるのを見るためだけに。――エジプトやローマやギリシアのように。なぜこの無益な骨折りをするのか? 言葉にならない疲労と病気をもたらすだけでは足りないというのか? 再び落ちぶれるのを見るためだけに、ずっと達成しつづけるのか? だがそれが、私たちの限られた知識の及ぶ限り、人が歴史を通じて為してきたことである。一つの頂点がある。それは人が多大な、そして団結した努力によって達成する。人の本質の物質的、精神的、知的な部分すべての大いなる、見事な開花がそこにはある。感覚を喜ばせる完成の最高点に達すると、彼の支配力は弱まり、権力が減少し、彼は失望と飽き飽きすることにより、未開状態(バーバリズム)へと後退する。なぜ彼は到達した丘の頂上にとどまらないで、山々の向こうへと目を向けず、それらのもっと高い山々に登ろうと決意しないのだろうか? それは無知だからだ。きらきら光る遠くの山の輝きを見て、目がくらんでぼう然と目を伏せ、彼は休もうと、慣れ親しんだ丘の日影の方へ引き返す。けれども時々この輝きをじっと見つめる勇気のある人がいて、その光の中にある形を見て取る。詩人、賢人、思想家、師匠――これらすべての「人類の年長者たち」は時々この光景を見て、そのうち何人かが当惑するほどきらめく黄金の門の輪郭を知った。

 黄金の門は私たちにおのれ自身の性質の聖域へ入って行くことを許し、自分の生命の力が出で来る場所、自分が人生という神殿の祭司である所へと通す。これらの黄金の門をくぐって入って行くことが可能であることを、ある1人か2人の人が示してくれた。プラトンシェークスピア、その他少数の強者たちが門を通って行き、門のこちら側で私たちに秘められた言語で語ってくれた。強者は門の入口から中へ入ると、もう門の外で人々に話さない。門の外にいる時に彼が話す言葉さえも神秘に満ち、ベールで覆い隠され深遠であるため、彼の歩んだ道をたどる人たちだけが自分自身の内なる光を見ることができる。

広告を非表示にする