読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金の門をくぐって

メイベル・コリンズ著『黄金の門をくぐって』の日本語訳を掲載します。

 人々が望んでいるのは、いかにして苦しみを喜びと取り替えるかをつきとめることである。それは、体験上最も心地よかった感覚を得るには意識がどのように規制されればよいかを見つけ出すということである。このことを人間の思考の力によって見つけることができるかどうかは、少なくとも熟考する価値のある問いである。

 ある与えられた論題に人の心が十分な集中力をもって向けられるなら、その人はその論題に関して遅かれ早かれ啓示を得る。最終的な啓示を得たらしい個々の人は天才、発明家、霊感を受けた人と呼ばれる。だが彼は周りにいる無名の人々による大いなる知的活動(メンタル・ワーク)の頂点にすぎず、その無名の人々は遠方の眺めのために彼から遠ざかっていく。その人々がいなかったら彼は扱う題材を論じることはなかっただろう。三文詩人でさえ注目される。三文詩人とはその時代と前の時代の詩的なエネルギーの真髄だ。どんな人種であろうと個人をその同族から分離させることは不可能である。

 したがって、もしも人々が未知のものを受け入れるのではなく、一斉に未知のものは理解できぬものと考えるならば、黄金の門は断固として閉じたままだろう。黄金の門を押し開けるには、強い力で押す必要はない。門を入る勇気とは、恐れずに、そして恥ずかしがらずに自分自身の性質を奥まで調べる勇気のことである。人のすばらしい部分、本質、特徴の中に、あの偉大な門の錠を開ける鍵がある。門が開いた時、何を見るだろうか?

 ここかしこで長い間の沈黙の声が、その質問の答えを話す。門を通って行った人たちは、一門の人たちに言葉の遺産を残した。その言葉は私たちに、門の向こうに探しに行くことになっている、はっきりとしたしるしを示す。しかし、その道を行こうと熱望する人たちだけが、その言葉に隠された意味を読み取る。学者は、というよりもむしろ古典注釈者は、さまざまな国の神聖な書物を読み、智慧を得たマインドたちの残していった詩や哲学を読み、その中に、ただの物質的性質のことだけしか見出せない。自然界の伝説の賛美や、人の霊的可能性の誇張が人類のバイブルの中にすべて見出せると想像していたのに。

 それらの本の中に見出されるべき言葉は、私たち一人一人の中に見出されるべきことである。探求する人の中に存在しないものを学問の中に見つけたり、思考の手段によって見つけたりすることは不可能である。もちろん、このことはすべての真の研究者に知られている明白な事実である。しかし特にこの深遠で隠されたテーマに関して思い出すべきだろう。人々が容易に認めるため、まるで何もない空虚のように思われているテーマだからである。

 読み手はすぐに一つの事に気がつく。かつて門を通って行ったこの著者たちは、忘却へと至る黄金の門を見つけられなかったのだ、ということを。別の見地から言えば、入り口を通ってはじめてリアルな感覚でわかるのだ。しかしそれは新しい、未知の状態であり、少なくとも何かその特徴を知る手がかりがなければ正しく理解することはできない。その手がかりは、すべての文献をくまなく調べたいと思う、私たちに理解しやすい論説の研究者からならば、疑問の余地なく手に入れられるものである。前述の本や写本は存在するが、単純に次のような理由から、近づきにくいままだ。つまりそれらの本のどれもが、最初のページすら読む用意のできている人はおらず、それらの主題を十分に学んだと確信の持てる人はいない、ということである。ずっと、切れ目のない線があるに違いない。その線が愚鈍な無知から聡明さと智慧に至るまで伸びているのがわかる。さらにその線がきっと直感的な知識とインスピレーションにまで続いているはずだということは、当然のことだ。これら人類の賜物であるわずかな断片のいくつかは、一部分であったはずなのにそれが賜ることのできる全てとして受け取るしかないのだろうか?わずかな文脈の背後に隠されたものは、見たところ見通せない覆いに隠されている。私たちの目からあらゆる科学、あらゆる芸術、人間のあらゆる能力がその覆いにより隠され、剛胆さにより引きはがすまではそのままである。その剛胆さはただ確信からのみ生じる。自分で望んだものが見られるのだということを一たび信じたなら、その人はどんな犠牲を払ってでも望み、獲得するだろう。この場合、問題となるのは人の疑い深さである。門の錠を開け、輝く遠望を調査するためには、大きな思考の流れと注目を、人間の性質の未知の部分へと向け始めることが必要である。

 いかなる危険があろうとも、上記のことはする価値がある。19世紀の悲しくなる問い――人生は生きる価値があるのか?――を問う人は全員、それを認めるべきだ。確かにそれは新しい奮闘に向けて人に拍車をかけるに十分なことだ。新しい奮闘――それは文明を超え、精神文化を超え、芸術を超え、機械的な完成を超えて疑った新たな入口で、人生の現実性に通じている。

広告を非表示にする