黄金の門をくぐって

メイベル・コリンズ著『黄金の門をくぐって』の日本語訳を掲載します。

 人の本質とその傾向について注意深く考察したならば、成長していくはっきりとした二つの方向があるのがわかるだろう。人は木のように地中に根を伸ばし、同時に天に向かって若い枝を伸ばす。個人の中心の点から外へ向かうこれらの二つの道筋は、自分にとってはっきりしており、明確でわかりやすい。あの人は良くこの人は悪い、と人は言う。しかし類推や観察や経験によれば、人は一本の直線のようなものではない。その人が、またはその人の人生が、あるいは進歩向上が、成長が、または何と呼ぼうともそれが、ただ一つのまっすぐの道だけを辿ることによるふりをするのは、狂信者である。巨大な難問の問いかけ全体が、たいへんたやすく解明されるだろう。しかし伝道師が断言するほど、落ちぶれることはたやすいことではない。落ちぶれ駄目になることは、黄金の門に至る道を見つけるのと同じくらい困難なタスクなのだ! 人は感覚の海ーーつまり楽しみーーに自分を難破させるかもしれず、その人の全性質の品性を落とすかもしれない。ーーだが完全な悪魔になるほど落ちてはいない。まだ神の光の火花がその人の中にあるからである。彼は破滅に至る広い道を行こうと決め、勇ましくその道に入り、全速力で進む。だがすぐにある考えがふと浮かんでギクッとし、足を止められる。そのある考えとは、彼自身の性向であり、あまたあるエネルギーの発散の中の、彼の自我の中心から来る放射物である。それが奇妙に発達して、健常な行動の邪魔をする時、彼の肉体と同様に彼は苦しむ。自分が苦痛を作り出し、自分で作ったものと戦うこととなった。まるで、この激論を交わす戦いが、肉体の痛みに効かない塗り薬を塗っているかのように見える。もし、ふだん心を占めているよりも高い見地から人間を考えたなら、それとは違うふうに見える。人が、願望に従って外界に現れた形をまとった、強力な意識とみなされるなら、肉体の痛みはそれらの願望の形が損なわれたことに起因するのは明らかとなる。たぶん人のこの概念は、根拠がなさすぎるし、証拠の入手できない未知の場所へメンタルが飛び込むには大きすぎて無理だということが、多くの心(マインド)にとってはっきりしてくるだろう。しかし心がこの見地から人生を観察するのに慣れてくると、すぐに他のどんな見方にも満足できなくなる。純粋に物質主義的な観察者にはどうしようもないほど絡まってしまったように見える存在という名の糸は、もつれをほどかれまっすぐになる。その結果、新たな理解が全世界に光明を投ずる。苦痛と喜びとを意のままに負わせる勝手気ままで無慈悲な創造主は、人生の舞台から姿を消す。それでよいのだ。そんな創造主は本当に無用な登場人物であり、さらに言えば周りから独断家に支えてもらわなければ舞台の上を役者の歩き方で歩くことすらできない、ただのワラ細工の人形なのだから。確かにこの世のある町か別の町に住むのと同じ原理に基づいて、人はこの世に生まれる。そのように多すぎるくらい言われているとすれば、なぜ自分はそうではないのか尋ねても差し支えがなかろう。物質主義者は賛成にも反対にも心を動かされないし、そのどちらも法廷では重要ではない。しかし私は議論の利益となるように、このことを断言するーー真剣に考えてみるために懐疑論者の正式な説に、たった一度でも戻ってみる人は誰もいなかったと。そうすることは、再び乳児の産着を着るようなことらしい。

 では、議論を進める上で、人は自分自身の創造主である強力な意識であり、自分自身の中に潜在的にすべての生命があり、最高の目標さえもあるということを認めて、彼自身が彼の苦しみをもたらすと考えよう。

 苦痛が不均衡な成長の結果であり、奇形な発達の結果であり、さまざまの点で欠陥のある前進の結果であるならば、人はそのことから教訓を学び、成長のために(幸福と)同程度に苦痛を受け取るべきではないだろうか。

 私には、この問いに対する答えがまるで、それこそが人類の学んでいる真の教訓であるように思われる。たぶん、人を無秩序の中の偶然の産物とみなすにせよ、または天国か地獄へ急ぐ暴君の馬車の、冷酷な車輪に縛りつけられた魂とみなすにせよ、その声明はありきたりな思考からしてみれば大胆すぎるように見えるだろう。だがこのような考え方は結局、最終的な決定者は両親であり、実際に両親こそが自分の世界の神か悪魔だと思っている子供と同じ考え方である。子供は育つにつれ、それは単純に成人かどうかの問題であることと、自分も他の人と同じ生物の中の王であることを知って、この考えを捨てる。

 それが人類である。己れの世界の王様、己れの運命の決定者である。そしてそれを否定する人はいない。神意と運命こそが決定者だと言う人は、立ち止まってよく考えたことがないのだ。

 逃れられぬものである運命は、実に人類のために、そして個性のために存在する。しかし、誰が自分自身に救われることを運命づけることができるのか? 運命づけられたことに喜んだり苦しめられたりする人間以外に、運命を定める者の存在がいるという手がかりは、天にも地にもない。私たちは自分自身の性質をほんの少ししか知らない。私たちは自分の神聖な役割にまるで気づかない。だからどのくらい多く、あるいはどのくらい少なく、自分に運命を負わせているのかを知ることはまだできない。だが、ともかくこのことは知っているーー証明できる知覚の及ぶ範囲には、運命を定める者の存在の手がかりは見つかっていないことを。しかし、もし周りの人生にほんの少しでも注意を向け、人が自分の未来のために行動するのを見るならば、私たちはすぐにこのパワーに、効力のある現実の力として気づく。たとえ私たちの見える範囲が非常に限られていても、それは目に見える。

 全くの俗人は、人生に関して事実上、明らかに最良の観察者であり思想家である。なぜなら、いかなる先入観によっても盲目にされていないからである。その人は、種をまいた人が刈り取るであろうことを常に発見し信じるだろう。そしてよく考えると次のことはとても明白な事実である。より広い目で見てみると、あらゆる人生を含め人類に、わざとつきまとうように見える恐ろしいネメシス(訳注:因果応報の女神)は、喜びのただ中に厳然と苦痛をもたらす。偉大なギリシアの詩人たちは、この苦痛の出現をはっきりと見て、その観察を記録したものを、より若くより見る目のない、ひどい観察者である私たちにくれた。西洋のいたる所で育った物質主義の人間が、年上の詩人ーー昔の詩人の手助けなしで、人生にこの厳しい要素があることを、おのずと悟ったとは考えられない。ちなみに、このことから古典の研究のある明確な価値に気づくかもしれないーー素晴らしい古代人たちが詩に表した、人生についての偉大な概念と事実は、彼らの文学から完全には失われていないだろうことを。確かに、世界は再び栄え、過去と比べてより偉大な思考とより深い発見が、未来の全盛期の人たちの栄光となるであろう。だが、遠い未来の時代が来るまでは、私たちの失う宝物はあまりに高価すぎて値がつけられないだろう。

 一見したところ明確にこの概念のあり方を否定するように見える、この問題点の一局面がある。それは、明らかに純粋に肉体が口のきけない存在たち、つまり幼い子供、白痴、動物たちの苦しみであり、その存在たちが苦しみを切り抜けるために、いかなる種類の知識でもそれから得られる力を、必死で求めることである。

 これに関し心の中に起こるであろう窮境は、肉体と魂の分離という擁護の余地のない概念から生じる。体と頭は二人組の相棒であり、互いに影響し合い手を取り合ってともに生きるということが、物質的な人生だけを見る人たち(および特に肉体を診る医者)のすべてに、真実と思われている。彼らはそれ以上、根拠を確かめようとはしないため、何も知ることがない。頭と体は明らかに、手や足と同じような装置にすぎないことを忘れている。これらの構造のすべてを使うことの裏に、内的人間つまり魂がある。そしてこのことは、私たちが知るすべての存在に関して本当であるのと同じように、人間自身に関してもどうやら本当らしい。存在するものの魂のものさし上に、因果律が終わるまたは終わることのできる一点を見つけることはできない。なまくらな牡蠣にはその不活発な人生を過ごすことを選ばせる何かがあるはずである。つまり背後にある魂以外には何も、牡蠣にそうさせることはできない。いったいそれ以外にどこで、どうしていられるだろうか? 何らかの名で呼ばれる、とてもあり得ない創造主が介入しない限り、そうである。

 それはなぜかと言うと、人は責任を受け入れるか負うことに対し、とても怠惰でやる気がないために、このその場しのぎのはかない創造主を頼るからである。それは確かにはかない創造主だ。私たちの間に居場所を見出す特別な頭脳の働きがある間だけしか、居続けることができないからだ。人がこの偽の精神生活から落後する時、必然的に魔法のランプもそれから呪文で呼び出した援助という快い幻影も共に後に残される。それは、他の感覚には全く似ていない、むき出しのままの感覚であるに違いない。同様に、肉と血と権力という非現実的な幽霊を受け入れず拒むことで、この嫌な経験から自分自身を救えるようである。人は創造主の両肩に、自分が罪を犯す可能性と救われる可能性の両方への義務を負わせたがるが、それを負うべきは自分の真の生命、真の意識だ。このように自分自身を満足させるのは、お粗末な創造主だし、その人は操り人形の世界に喜び、糸で引っ張られて楽しんでいるのだ。このようなことを楽しめるとしたら、その人はまだ子供のままであるに違いない。なんと言っても、それはその通りである。私たちの内なる神は子供のままであって、その高い地位を認知することを拒むのである。もし本当に人の魂が、肉体に従って成長の法則、衰弱の法則、再生の法則に支配されているならば、盲目的であっても不思議ではない。しかし明らかにそうではない。人の魂は、形態や体を与える生命の指示下にあり、魂そのものはこれらの事に影響されない。ーー清らかで純粋な炎がともされる所ならどこででも燃える生命の、指示下にである。魂は時間により変化したり影響されることはあり得ず、成長と衰退の道理上、先輩である。魂は神の唯一の玉座である原初の場所にある。その場所は存在の中心点であり、そこには人間の心臓のまん中にあるのと同じ生命の恒久不変の地点がある。対等な成長ーー最初は認識され、それから放射状に広がる多くの経験の線の対等な成長ーーにより、人間はついに黄金の門へ到達し、掛け金を外すことができるようになる。進歩の過程とは、自分自身の中の神を徐々に認識することだ。神性が意識的にその正しい栄光へと戻った時、ゴールに到達したのである。