黄金の門をくぐって

メイベル・コリンズ著『黄金の門をくぐって』の日本語訳を掲載します。

 宗教はさまざまな非常に単純な理由から、人が道を進むのを妨げ、前進の妨害となる。第一にそれは善と悪を区別するという致命的な間違いをする。自然界はこのような区別をしない。そして我々に宗教を尊重させる道徳的・社会的法則は、一時的なものとして、私たち自身の特別な様式と存在の形態のようなものとして、蟻や蜂の道徳的・社会的法則として、宗教を尊重させるのだ。これらのことが最終的に現れ、そして永久にこれらを忘れる状態から、私たちは抜け出す。このことを見つけるのはたやすい。なぜかと言うと、広く考える習慣のある人や知性のある人は、他の人々の間に住む時、自分の生活の基準をいくらか変える必要かある。これらの他の人々は、その人々の間にいるよそ者から見ると、彼ら自身の深く根づいた宗教と遺伝的な確信を持っており、よそ者である彼はそれらに背くことはできない。心があわれなほど狭く、思考力がないのでない限り、彼にはその人々の法則の形式が自分のと同じくらい良いものだとわかる。それならば、行動を徐々にそのルールに合わせることに甘んじる以外、どうすることができようか。さらに、その人々の間に何年も住まうならば、違いという鋭い刃は磨耗し、どこまでが彼らの信仰でどこからが自分の信仰か、彼はついには忘れてしまう。しかし誰をも害さず、公正さを保ったならば、彼の側の人々は彼が悪いことをしたなどと言えようか。

 私は法と秩序を非難しているのではないし、これらのことを軽率に嫌悪して言うのではない。法と秩序はそれらがあるべき場所で、蜜蜂の巣の生活を支配する法体系がその成功した行動にあるのと同じくらい重要であり、必要である。指摘したいことは、法と秩序そのものは非常に一時的で不十分なものだということだ。人の魂はつかの間の住居であるこの世を去り、法と秩序の概念は付き従って行かない。もし魂が強ければ、すべての人が死ぬことによって自分を見守っていたのが誰なのか知るのと同じように、死は真の存在と本当の人生を手に入れるエクスタシーとなる。もし魂が弱いと、気を失って消えて行き、新たな人生の最初の流入によって圧倒されてしまう。

 私は明言しすぎるだろうか? そう言うのは、今この時に活動的な人生を生きている人たちだけ、死んだ人と死にかけている人をそばで見ていなかった人たちだけ、戦場を歩かず臨終で苦しむ人の顔をのぞき込んだことのない人たちだけであろう。強い人は自分の体から喜んで出て行く。

 なぜそうなのか? 彼はもう抑制されず、躊躇して震えることもないからである。死の不思議な瞬間に、彼は与えられた解放を経験していた。そして突然の歓喜の情熱で、それが解放であると悟る。(つづく)

広告を非表示にする